FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-17

傷の舐め合い

「なめあい」がどの漢字を使えばいいのか分からないぐらいの低脳ッぷりを早速発揮。
どうも宮城です。

・傷のなめあい

例えばさ、絵師さんとかは自分の描いた絵をUPしたり、仕事の連絡云々とか指向性が見える。

ところで一高校生がするブログって割合でいうと雑記という感じになるはずだよね。
内輪向けに連絡もあるけど。
でもさ、結局は過半数以上の高校生ブロガー(笑)潜在的には「傷のなめあい」を目的としているのではないか、というのが今回提唱する、名づけて「若気の至り」理論。

不特定多数の人が出入りするといわれているインターネットですけど、高校生のブログなんて所詮井の中の蛙。内輪向けもいいところ。もちろん中には精力的な動きを見せてくれるものもありますが、進路さえ決まってないのが大多数な高校生には日々の変化の乏しい日常ぐらいしか書くことがない。

で、やってしまうわけですよ。何をって?
例えば鬱々としたポエムを作ったり、中二思想を展開してしまったりとか。
ネガティブな文章をこの上なく吐き出してしまう。

そうすると、中のいい友達からレスポンスがやってくる。
同情のコメント。傷のなめあい、ぺろぺろ。
そんなの当たり前じゃないですか。
第三者からみるととんでもない部分ぺろぺろしてたり。
不特定多数の人が出入り云々言われているのに結局は高校生、アクセスは内輪はほとんど。
お互いor片方のことはよく知っているのだからワザワザ否定するコメントなんかするわけなんて無いじゃないですか。
悪く言えば得点の稼ぎどころ。

匿名orハンドルネームで否定的なコメントをしたとすると被コメント側のブログは聖域を侵された様な反応をする。
だって、普段内輪で散々肯定的なコメントでヨイショヨイショされてるからね。
そして翌日。学校へ着たら否定的なコメントした犯人探しとかしたり。
現実世界に架空のコミュニティーを持ってきてしまうと。


結論
・高校生って若いな~。

・僕のブログ目的はタイピング練習。

・別に若気の至りが悪いとはいってませんよ?

・毎日の更新はメンドクサイでござる。


世界に点在する個性豊か過ぎる変人どもに同情の視線を送る今日この頃。






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ネガティヴな文章自体は悪くないと思うけど、安直に答えを周りから求めるような姿勢は頂けない。甘える姿勢は論外。そんなことして楽しいのか、正直疑問です。少なくとも互いのためにはならない。
もっとさあ、「俺はこういう意見なんだ!」ってのを怖がらずに書けばいいのに。高校生なんだから。間違ってて叩かれてもそれはそれで糧になるんだから(ただし弱小ブログに限る。炎上したら意味ない)。まあそういうのは本来ブログというよりは学校の仲間なんかとやるべきですがね。
自分はそういうブログの使い方をしています。批判厨大歓迎。批判されてヘコむってことは、それだけ自分の主張に自信と責任を持ててないってこと。つまるところ思考が足りない。責任持てないならネットやる資格ないでしょ。それに身内でやりたいなら制限つけるなり何なり、方法はいくらでもある……というかブログでやる必要あるのか、と。
結局、国や地域単位で情報モラルの教育が追いついていないのが根源にあるのでしょうね。子よりむしろ親の方が分かっていないことが多いのがインターネットの世界ですから。

長文失礼しました。&ブログ開設おめでとうございます。
今後とも涎を垂らして宮城先生の記事を楽しみにさせて頂きます。

No title

>rampelさん
おおお、ごごご意見&ご指摘ありがとうございます。
そうですね・・・ご指摘の通り、自分でも優柔不断というか、
注目した対象を指で指し示しながらも、後は自分で考えてね。
というような発表の仕方は、
薄々自分の中でも時たま「どうしたものかな?」と疑問に思っていたりしていました。
しかし、確かに「傷の舐め合い」は傍から見ると、ちょっとな・・・。
という考えの一方で、「若さゆえの過ち」も大人になればいい思い出にいる可能性も分からなくは無いな、というのもあって。
せっかくの、反省や糧となりうる恥ずかしいポエム等の「失敗」のチャンスをあまりにばっさりと一刀両断したり、奪い去ってしまうのは酷だと思うし、中には社会的に立場が弱くて、もうネットの中でしか”自分の苦しみの最後のはけ口”として利用して互いに甘え合わざるを得ない人のことを考えたりすると、「NO」とはっきりと突き飛ばすことはあまりにも乱暴ではないかな?
と、いう考えが頭の一隅に悶々と漂っていたために今回も自分の意見を濁らせてしまったと思います。

意見を発信する者としては余りにも甘いかもしれません。
でもはっきりと主張することの重要性も実によく分かりますので、
壁にぶち当たりながらも今後、はっきりと主張することを是非精進してみたいなと思います。

返答なのにこっちの方がより長文でスイマセン^^;
こちらもrampel先生の記事いつも楽しみにしていますよ。

No title

自分が非凡であると意識することこそ、平凡な人間のすること…っていう考え方も、ありますよ。

No title

>Kさん
ふむふむ、なるほどなるほど。Kさんの言うことはあっていますよ。
前提が間違っているということを除けば。
僕のそもそもの出発点は平凡から非凡へと向かおうとするもがきなんですよ。他人の平々凡々さが気になる。非凡になりたい。
しかし、所詮は高2。そんなことをいっている自分も十分平凡に属するのです。
しかし、ほかとは違う強力な個性を手に入れたい。しかし、なかなか上手くいかない。コレなんです。
つまり、僕は始めから非凡の位置に立っているわけではなくて、平凡の中に混ざっていながらも平凡に嫌気がさしている、厨二病状態なのですよ。
多分、Kさんのさしているのはたいした努力もしていないのに邪気眼を手に入れた様な錯覚に陥っている、真の厨二病患者の事をおおよそ指しているのでしょう。
いや、コレは多分僕の説明不足から起きてしまった事態でしょう。
深夜に更新していたのでどうも頭の中で勝手にそばしてしまったのでしょう。
お詫びいたします。

No title

ご丁寧にありがとうございます。紳士的な方ですね。

自分の個性手に入れる(もしくは気付く)まではもがいたり焦ったりするかもしれないですけど、いつか「平凡だけど、そんな自分も好きだ」って思えれば少しばかり楽になれそうですよね^^
ご無理なさらないでくださいね。

プロフィール

ヘタリーノ同盟

Author:ヘタリーノ同盟
城崎八七:しつこいけど一応言っときます。「きのさきやしち」です。「きさき」って読むアニメキャラも居るそうですが。
宮城春人:もう思い出に浸る側なのね……           
のらねこ:人生で勉強のみに費やせる期間は今しかない!

最近の記事
最近のコメント
フリーエリア

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゲームコーナーPlus

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。